中学からフルートを始めるみなさんへ

はじめに

こんにちは。アルペジオフルート教室代表の斎藤信彦です。
フルートに興味を持ってくれてありがとう。そして、始めてみようと思い立ち、このページへお越しいただいたことを歓迎します。

中学校って、何かと学校が忙しいんじゃないかと思うのですが、あなたはいまどんな生活を送っていますか?
大きなお世話かもしれませんが、やることが多すぎて、時間のやりくりが大変なんじゃないかと思うのです。
そんな中、フルートという楽器に憧れて、始めてみたいと思ったきっかけはなんでしょうか?
私はそんなあなたの情熱に感激しています。自分のやりたいことが見つかるというのは、素敵なことなんです。

多くの方は、すでにブラス(吹奏楽、あるいはオーケストラかもしれませんが)で始められ、どうしても練習が追い付かなくて、とか、もっとうまくなりたい、と教室を探していることかと思います。
一方で、純粋に音楽に興味を持ち、もしくはフルートの音色を聞いて、演奏を見て憧れ、始めてみたいと思った方もいるでしょう。
では、どちらの方に向けてもそれぞれメッセージを送りたいと思います。

部活でフルートを始められた方へ

実は、私はこの経験がないので、ブラスには入ったけど、別の目線でのお話をしたいと思います。人生って1回しかないからね。いろんな経験があるものです。
私は小学校2年でフルートを始めました。なので、中学に入るときはすでに4年以上の経験がありました。
ブラスに入ってみたら、私以外全員初心者じゃないですか。びっくりしました。先輩に聞いたら、ここで始めるのが普通なんだそうです。
珍しく経験者が入部したと噂になっていたんだそうですが、フルートパートの1年生からはむちゃくちゃ嫉妬されました。
以後、私だけムラハチされてました。楽譜も回ってこないほどひどかったんです。先輩やOBは気に掛けて何度も間に入ってくれましたが、不仲は解消せず、耐えきれなくなった私は1年で辞めてしまいました。親友から熱心に水泳部に誘われていたので、思い切って移籍。のちにこの水泳の経験が役立つときが来るなんて、思いもしませんでした。

本当は仲間意識をちゃんと持って、互いに上達し、よいアンサンブルを作るのが本来の吹奏楽部の目的です。仲間ならば、練習で至らないところは互いに相談できるものです。個人レッスンと違って、いつでも横に同じ楽器の仲間がいるから、毎日成長できるはずなんです。後年、音大に入ってから、それを知った時は、本当に羨ましいと思いました。

あなたはいま、そういう環境を感じ取れていますか?一緒に成長できる仲間を大事にできていますか?
自分よりもうまくて順調に上達し、見下しているような人がいたら、それは違うと、自信を持ってください。
抜きんでることはすごいことですが、自分よりもできない人を見下すのは、間違った考え方です。
もちろん、その人を追い越して黙らせてやりたいと燃えているかもしれませんが、いま急がなくてもいいんです。
長く音楽に触れて行くと、いずれわかるときがやってきますよ。見下す人が、後ろ指を差されるものだと。

そしてまた、できる人を「あいつだけ偉そうに」と後ろ指差さないことです。その人は決して偉そうにしているのではなく、照れているだけかもしれません。
腹を割って話す、という言い回しがありますが、あのとき互いにそれができていたら、私は何でも教えていたと思います。そして、すごいフルートパートになっていたと思います。
自慢じゃありません。レッスンを受けているからこそ知っている内容を、みんなで共有したら、うまくなるはずじゃないですか。

部活なら、みんなで共有し、みんなでうまくなろうという気持ちをもってほしいと思います。

これからフルートを始めたい方へ

ようこそフルートの世界へ。ぜひスキルアップして、自在に吹けるようになってほしいと思います。
突然ですが、あなたは体力に自信がありますか?実はフルートを含む管楽器は、どちらかというと体育会系、スポーツ系なんです。
これだけで尻込みしないでください。強制はしませんが、やっておくと楽だという話を紹介したいだけですので。

管楽器は、あなたにも二つ、経験があるはずです。リコーダーとハーモニカです。どちらも長く吹いていると、息が苦しくなりますよね。
そうです。呼吸のコツが必要なんです。これを簡単に鍛えるには、ジョギングをすること。心肺能力が高まります。だから「体育会系」なんです。

実は、私は運動はどちらかというと苦手でした。短距離も長距離も走るのは遅いし、スタミナもないし、腕立て伏せだって20回も出来ませんでした。
中学でブラスに入ると、放課後の練習はまず外周を3周するのが義務でした。当時の私にはハッキリって苦痛でしかなく、ジャージに着替える意味も謎でした。
これが夏休みになると、腕立て腹筋背筋もアサイチのメニューに加わり、しかも毎日10回ずつ増えるんです。最終的にはなんと300回!みんなきついから、最後は互いに励ましあいながらやってました。このメニューは、体育会系の人たちも呆れていました。

ブラスをやめて水泳部に移った話をしました。水泳部って、泳げるのは夏の3か月しかないんですよね。普段何をやってたと思いますか?
入ってビックリ。最初の練習は、とにかくゆる~く外周をジョギングして、全員が帰ってくるのをのんびり待つ。全員揃ったら、筋トレをほどほどにやって、「今日は何をやろうか」と話し合いに。輪になってバレーボールやったり、ミニサッカーやったり、ゲーム感覚のトレーニングばかりやってました。親友は、だから「楽しいからおいでよ~」と誘ってくれてたんですね。

しかし、プール開きすると一変。朝練はまず800m泳ぎ、放課後は100m、200m、400m、週1くらいで800m、1500mだったかと思います。
元々泳げなかったのが、3年では100m2分を切るまでになってました。1:49:49、嘘みたいなホントの記録です。

一方のフルートはというと、いつの間にか呼吸が長くなり、長く楽器を持っても疲れにくくなっていました。
走るよりも泳ぐほうが、筋力や心肺能力は鍛えられるんですね。いまでも貴重な体験をしたと思っています。

これを真似してくださいというわけではありませんが、筋力と心肺能力を鍛えることは、呼吸や構えによい影響があるといえます。
運動なんて苦手、正直ゴメンという方にはちょっと申し訳ない内容になってしまいました。すみません。

実はとっておきの練習方法、リコーダー

リコーダーは指使いが少しだけ似ており、音感と指使いなら予備知識的に鍛えられます。
そしてこれを、できるだけ小さな音で、ブレないように長~く吹く練習をすると、管楽器を演奏する要素が全部鍛えられるんです。
長くくわえているから、頬やあご、唇の周囲の筋肉も鍛えられます。しかも、長い音を出すためには大きく吸って少しずつ出さなければなりません。
勝手に鍛えられること間違いなしなのです。どうですか?体育会系にならなくても大丈夫でしょ?ブラスの人もぜひ試してみてください。

フルートが初めての人も、どんどんうまくなりたい人も、私たちがどんどん応援します。ぜひお声をおかけください。