何歳から始められるの?

アルペジオ・フルート教室では、小学生以上から受付いたします。

フルートはヴァイオリンなどの弦楽器と違い、小さくすると音が高くなってしまいます。管の長さによって出る音域が決まってしまうためです。ですから、ピッコロが子供用という意味ではありません。ピッコロ自体も価格は高いのですが、どうしても早い時期に始めたいというのであれば、これも一つの手ではあります。

レギュラーサイズのフルートは、身長140センチに到達しないと、顔から手まで十分な距離を取ることができません。従って、140センチ未満の方は、レギュラーサイズでの習得は不可能と思われます。
(実際、代表の斎藤は小学校2年で始めましたが、顔を曲げて無理矢理吹いていたと師匠から常々言われております)

しかし、最近は頭部管をU字に曲げた「U字管」が多く普及し、身長が100センチに到達すればフルートを吹くことができるようになりました。これにより、小学生でも楽器に触れられる機会が増えました。

「U字管」は一部のメーカーで販売されていますので、入手はラクです。価格もレギュラーサイズと変わりません。また、「U字管」(ケースつき)のみの入手も、両方セットでの入手も可能です。お気軽にご相談下さい。アルペジオフルート教室ではこの「U字管」を使用し、小学生以上からレッスンを受付いたします。

また、鼓笛隊用のファイフ(プラスチック製キーなしフルート)クリスタルフルート(耐熱耐久ガラス製フルート/レッスンではDピッコロ使用)プラスチック製レギュラーフルート(U字管・リコーダー形状アダプターセット)でのレッスンも承ります。いずれも楽器が軽いため、基本の持ち方が覚えやすく、気軽に始められます。

(小学生未満のお子さんへの指導をしない理由)
体格的な問題はもちろんですが、そのほかに、幼児教育としての音感やリトミックの問題があります。欧米では専門の資格すら存在します。日本では保育士や幼稚園教諭の一部が該当します。当教室の講師陣はこれらの指導法や資格を持ち合わせておりませんので、個々の努力だけでは十分賄いきれず、ご迷惑をおかけしてしまうこととなります。
また、握力や筋力がまだ十分ではないため、本体と足部管の接続にてこずり、ジョイント部分を痛めてしまいます。この事故は小学校低学年でも頻発しており、楽器修理の案件で最も多い部類になります。楽器の重量を支えることも難しいと思います。
上記の軽い楽器で「音が出る」という楽しみを味わっていただくことから始めるのが有効ですが、幼児教育の有資格者を採用するまでは、募集は見合わせたいと思います。なにとぞご了承ください。

★幼児用U字管フルートという特殊なシステムもあります。身長90センチでも吹くことができますが、楽器は入手が難しい上割高で、最低音は「レ」になります。(レギュラーは「ド」)構造もレギュラーサイズとは若干異なり、早い段階で買い替えが必要になりますので、アルペジオフルート教室ではおすすめしておりません。

一部の教室では「3歳から始められる」と告知しておりますが、3歳児から始められるのは、この幼児用U字管フルートを使った場合に限られます。アルペジオフルート教室では対応いたしかねますので、何卒ご了承下さい。